世界スーパーバイク選手権(以下WSBK)のワンメイクタイヤとなっているピレリ。そのピレリのストリート最高峰タイヤがDIABLO™ SUPER CORSA SP(ディアブロ スーパーコルサSP)で、フロント・リヤともに極端に溝(グルーブ)が少なく、レース用のスリックタイヤのような雰囲気を漂わせています。

dr4c_ov_spv3.jpg
DIABLO™ SUPERCORSA SP V3

とくにショルダー部分にはほとんど溝がなく、スリックタイヤのような鬼のグリップ力を発揮してくれます。

200馬力に迫る(中には超えるものも)最新のスーパースポーツやハイパーネイキッドに乗るライダーの中には、SUPER CORSA SPを履いてみたいと思う方も多いでしょう。ただ、ドライオンリーだったら最強のグリップを発揮してくれるのですが、名だたるメーカーのフラッグシップモデルに標準装着される公道走行も可能なタイヤとはいえ、レインでの性能はごくごく限られたもの。

夏の天気のいい日にワインディングに走りに行ったら、突然のゲリラ雷雨に見舞われるなんていうことがたびたび起こる最近では、もしも道中、あるいは帰りの道で雨に降られたらと考えて、SUPER CORSA SPの装着を躊躇してしまう方も多いのではないでしょうか。

そんな方々のために開発されたのが、DIABLO ROSSO™ Ⅳ CORSA(ディアブロ ロッソ クワトロ コルサ)。DIABLO ROSSO™ Ⅳ のハイグリップバージョンとしてWSBKで培った最新テクノロジーを最大限フィードバックしながら、ウエット路面にも対応し得る性能を実現しています。

dr4c_ov_amb.jpg
DIABLO ROSSO™ IV CORSA

新デザインのフラッシュグルーブと、フルシリカコンパウンドが安全なウエットグリップを生み出す

強烈なグリップ力と安定したウエット性能という相反することを、DIABLO ROSSO™ Ⅳ CORSAはどうやって両立させているのでしょう。

まず、リヤタイヤ中央に刻まれたピレリの特許技術であるFLASHグルーブをさらに進化させ、新たなデザインを採用したFLASHセンターグルーブが、速度が上がれば上がるほど確実な排水性を発揮してくれます。

dr4c_ov_tread_d.jpg

そして、フロントとリヤともにデュアルコンパウンドを採用して、センター部分はフルシリカ(フロントタイヤはセンター、サイドともフルシリカ)として、迅速なウォームアップと高いウエット性能を実現しているのです。

dr4c_ov_comp_D.jpg

このふたつの機能によって、SUPER CORSA SPに匹敵するドライグリップを発揮しながら、ウエット性能もDIABLO ROSSO™ Ⅳ に迫る性能を実現しているのです。

DR4C_chart.jpg

DIABLO ROSSO™ Ⅳ CORSAは、ワインディングでのスポーツライディングを満喫させてくれるだけではなく、一般公道における高い安全性も達成した画期的なニュータイヤです。

DIABLO ROSSO™ Ⅳ CORSA、今年の夏にフロント:120/70ZR17とリヤ:180/55ZR17、190/55ZR17が発売予定で、他のサイズも22年秋以降に順次発売になる予定です。

これで、この夏はゲリラ雷雨を怖がることなく、アナタのバイクの性能をフルに発揮させることができますね。